坂城町でダイエット食について

最新痩せる食事がある!?

交感神経を刺激しろ!!

朝ご飯をしっかりとることから痩せる食事になります。なぜなら、おなかがすいて目覚めるちゃんと食べて脳と体にエンジンをかけてしっかり働いて夜はあっさり自炊する。こうした食欲の調節機能に自律神経は大きく影響している。というより、自律神経の中枢そのものに食欲中枢が備わっています。脳の視床下部にある交感神経の中枢に満腹中枢があり、副交感神経の中におなかがすいたことを知らせる摂取中枢がある。

だから、満腹中枢がでるときは、交感神経もスイッチが入ります。

ここからが大切なポイント

交感神経が活性化すると、副交感神経系の摂取中枢が抑制されて「食べたい」意識が低下します。一緒に交感神経の中枢から誰でも聞いたことのあるアドレナリンが分泌される。このアドレナリンを白色脂肪細胞の表面にあるレセプターが受け取ると脂肪を分解する酵素が働き、脂肪分解を促す。

 

ダイエットに必要な食事とは

現代人はカロリーオーバーと栄養のアンバランスが良く見られます。なのできちんとしたバランスで食事することが第一の問題です。

次に、日本人の理想の食事バランスは糖質60%脂質20~25%残りがタンパク質が理想とされています。難しいのが糖質を60%にすることです。現代の食事は欧米化が進み脂質・タンパク質が多くなっています。なので、日本人の肥満化が進んでいます。

やりがちなダメな事

忙しかったり、おなかがすいていなくて朝ご飯を抜いてしまってはいませんか?きっちり3食食べる人と朝食抜きの2食しか食べない人とでは前者の方が痩せやすい体になります。なぜなら、2食しか食べない方は体が驚き脂肪合成を促すインスリンが急激に増加します。そのせいで、体は節約モードに入ります。なので、脂肪燃焼のしにくい体になってしまいます。食事の間を6時間以上あけないのが秘訣となります。

 

これを守ってダイエットに生かしていきましょう

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP