基礎代謝

基礎代謝とは?

基礎代謝とは人間の生きていくために必要最低限なエネルギーの事で、肉体・精神共に安静であるときに、さまざまな臓器がわずかに活動している状態と考えられている事を基礎代謝と言います。基礎代謝量+生活活動代謝量=1日の総消費エネルギー量になり、このうち基礎代謝量による消費エネルギーは約70%になる。その中で、基礎代謝の消費エネルギーが最も多いのが骨格筋です。基礎代謝は筋肉の量によって大きく左右されると考えられ、同じ体重でも脂肪が少なく筋肉量が多い人の方が基礎代謝が高くなり、基礎代謝消費エネルギーも多くなる。筋肉量が多く、基礎代謝が高ければ高いほど太りにくい傾向にある。

基礎代謝の上げ方

筋肉トレーニング

筋肉量が多い人ほど、基礎代謝が高いと言われています。基礎代謝を上げるにあたって効率的だと言われているのが、大きな筋肉を鍛えることです。大きな筋肉は鍛えやすく、筋肉がつきやすいからです。「効率的だと言われている部位」

    • 広背筋
    • 大胸筋
    • 大臀筋
    • 大腿四頭筋
    • ハムストリングス
    • ふくらはぎ 

『基礎代謝の上がりやすい食事』

食事の摂り方から基礎代謝の上がりやすいものを選ぶ工夫も必要です。中でも朝ご飯はとても大切で、朝起きると人の体は脂肪や筋肉の分解が始まると言われており、朝食を摂ることで、1日の基礎代謝量を上げることが出来ると言われています。(※朝食を摂らずに間を空けて食事をすると血糖値は一気に上がり、脂肪の溜まりやすい体になってしまいます。)その他に、基礎代謝を上げる食材選びも大切です。・生姜 ・にんにく ・唐辛子 ・トマト ・玉ねぎ ・長ネギ ・かぼちゃ ・納豆 ・アーモンド ・豚肉 ・鶏肉 ・卵 ・魚類(カツオやアジなど)等の種類があります。食材から工夫をして基礎代謝を上げるように心掛けましょう。

『ストレッチ』

起きてすぐにストレッチをする事によって、筋肉が伸び、血行が良くなり体温が上昇します。朝一番に代謝を上げる事で、1日を活動モードで過ごす事が出来るのです。

基礎代謝を上げるといい事

『太りにくい体に』

基礎代謝が高ければ、1日に消費されるカロリーが増えます。同じ体重・年齢・性別の人が基礎代謝量が違うだけで、年間に消費されるカロリーに違いが出てきます。基礎代謝は何もしていなくても消費されるカロリーの事なので、同じように過ごしていても基礎代謝が高い人の方が、結果的に太りにくい体になるでしょう。

『血行が良くなる』

基礎代謝を上げると体温が上がりやすく、体温が上がると血行が良くなりやすいです。血行が良くなると老廃物や水分も流れやすくなり、美容にもよいとされてい言われています。

まとめ

基礎代謝とは生命維持のために必要最低限な消費エネルギー代謝量のことです。年齢を重ねるごとに、基礎代謝が減っていくため維持する事が大切です。

基礎代謝をあげて、太りにくい身体作りや健康を維持しましょう。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP