タンパク質について

身体を作る元のタンパク質とは?

タンパク質とはアミノ酸で構成されていて、体を作る主成分となります。体の約15%~20%はタンパク質で出来ています。

タンパク質の成分は?

タンパク質は20種類のアミノ酸で構成されています。20種類のアミノ酸の中9種類の必須アミノ酸で出来ています。後のアミノ酸11種類は体内で生成することができます。他の9種類のアミノ酸の中でトレーニングに最も必要な分岐アミノ酸(BCAA)が有名です!!BCAAは体内で生成することができないのでプロテインやサプリメントで摂取していく事が必要です。必須アミノ酸についてはこちら

タンパク質の種類

タンパク質の種類は2種類あります。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。2種類のたんぱく質をうまく使い分けることが必要です。

動物性たんぱく質についてコチラ

植物性たんぱく質についてコチラ

タンパク質の摂取量

1日に必要なたんぱく質の量は成人の方は体重の1kg当たり1gのタンパク質が必要です。なので、体重60kgの方は60gのタンパク質が必要となります。ハードなトレーニングや運動をしている方は体重あたり2gのタンパク質が必要となります。60kgの男性で120gのタンパク質の摂取量が必要です。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP